▲このページの先頭へ

THS・ソラ君の現場日記

ソーラーシェーディング〜営農型太陽光発電のもう一つのかたち

LINEで送る
Pocket

こんにちはソラ!ゴールデンウィークも終わり、ちょっとボケーっとしているソラくんソラ。_(:3」 ∠)_

さて、皆さん、「ソーラーシェーディング」をご存知ソラか?

ソーラーシェーディング

ソーラーシェーディングとは、営農型太陽光発電の一つで、日陰を好む植物に対して、太陽光パネルを日陰として太陽光発電を行いながら農業をするものソラ。

あれ、なんか似た言葉で、「ソーラーシェアリング」って聞いたことあるソラよね?>>詳しくはこちらの記事「ソーラーシェアリングの農地活用のお話
そのシェアリングは、農業を営みながら、農作物へ遮光しない程度で太陽光発電を行うのが主なイメージソラ。土地の隙間を有効活用して売電というのがメリットだったソラね。

一方、シェーディングは、日陰を好む、「きのこ」、「薬草」、「ハーブ」などを対象にするソラが、以下のようなメリットがあるソラ。

  • 光を好む農作物よりも、太陽光パネルを詰めて配置できるから、発電効率アップ。
  • 確実に日陰を作ることができるので、収穫量が上がるパターンも。
  • 狭い土地と放棄されていた農地を、有効活用できる手段として注目。
  • 日陰を好む作物は健康志向の作物も多い。

農業って、太陽や光が大事と思いがちソラが、発想の転換であえて遮光をメリットと考えることがなかなかソラね。

農業の収入はなかなか不安があるというのも問題ソラから、少しでも収入の安定化につながればいいソラね!

 

日陰はソラくんの好みじゃないソラが 壁|ω・`)☆ミ

通常の太陽光発電所でも、家庭菜園的に使って見るのもありかもしれないと思ってきたソラ(*´﹀`*)

 

太陽光発電の売電収入を得ながら農作物も耕す営農型太陽光発電といえば「ソーラーシェアリング」が有名だが、「ソーラーシェイディング」と呼ばれる方法もある。ミントなどの日陰を好む作物が対象で、狭い面積でも実施可能。日本のお家芸
LINEで送る
Pocket

太陽光発電の修理・点検・メンテナンスでお困りならぜひお気軽にお問い合わせください。

TEL: 0533-87-5005

営業時間:8:30~19:00(日祭日除く)
※お急ぎの方はお電話にてご連絡ください。

コメントを残す